スマートフォン版サイト

DENTAL MAGAZINE デンタルマガジン

Technical Hint
ノリタケスーパーポーセレンAAA 発売30周年特別連載 スーパーポーセレンAAA発売30周年を振り返って
株式会社カロス/株式会社KPC(カタナプロダクションセンター) 増田 長次郎

スーパーポーセレンAAA発売30周年おめでとうございます。日本のみならず海外においても広く、長きにわたり愛用される姿を見てきましたが、黎明期において海外への紹介に携われたことをうれしく思います。私が歯科技工士になって約35年、そのほとんどのセラミスト人生をノリタケポーセレンと歩んできました。私がイタリアに渡るときに大きな出会いがありました。それは当時(株)ノリタケデンタルサプライ社長、坂清子氏(現クラレノリタケデンタル(株)開発顧問)との出会いでした。坂氏とはアメリカ滞在中に最初にお目にかかったのですが、私がイタリアへ行くというときにご挨拶に伺うとちょうど「Super Porcelain EX-3(スーパーポーセレンAAAの輸出向け製品)」が海外(欧米)に初めて進出するというときで、その第一歩が偶然にもイタリアでした。若干27歳の私がインストラクターを務めることになったのですが、当然渡航後すぐにはイタリア語を話せません。つたない英語でイタリア各地を回ることとなりました。私はイタリアに滞在する初めての日本人歯科技工士であり、数多くのイタリア人から物珍しそうに見られる日々がかなりの間続きました。その中で年間20回程度のコースをイタリアはじめヨーロッパ各地で行うことになりましたが、AAA(EX-3)の特徴であるトラブルの少なさで興味を引き、日本人歯科技工士の器用さが功を奏したため、おかげさまでコースはいつも満席でした。イタリア人のみならずヨーロッパ中の著名な歯科技工士たちと、そして歯科医師と多く出会い、親交が深まっていきました。イタリアでは日々の臨床に加えて、コースのためのサンプル作りが毎日続きました(図1、2)。私はこのとき、昔一生懸命したカービングのことを思い出していました。あのときやっていてよかったな…。当時はつらいとしか感じませんでしたが、そのときの雰囲気とサンプルをつくる時の雰囲気が大変似ていたことが役立ちました。そしてこのとき、継続することが大事だということを実感しました。「継続は力なり」、いまでも私の座右の銘となっています。日本に戻り1994年に有限会社カロスデンタルジャパン(現:株式会社カロス)を開設、そして2007年に株式会社KPC(カタナプロダクションセンター)を開業する運びとなりました。プロダクションセンターの開業に関しては、決して偶然や単純に手を挙げたから指名されたということではなく、イタリア時代から今なお続く信頼関係の上に成り立っていると考えています。歯科技工所カロスの特徴は審美・インプラント・咬合という包括的な内容ですが、そこにはいつもスーパーポーセレンAAAを始めとしたノリタケ陶材がありました。これからも、ともに歩んでいきながら邁進していきたいと思います。