スマートフォン版サイト

DMR ディー・エム・アール

No.227 2016年4月1日発行
高透光性カタナジルコニアUTML/STMLが拓く審美的フルジルコニアクラウン -パナビアV5の優れた接着性とシンプルな操作性-
中澤歯科クリニック 中澤 章

Download (PDF, 2.15MB)

 デジタルデンティストリーの時代といわれる現在、歯科臨床の現場でもっとも期待されている素材のひとつがジルコニアであろう。近年では歯科用金属材料の高騰に伴い、さまざまな代替材料が模索されているが、強度や耐摩耗性などの機械的特性を兼ね備えた審美性材料は他にない。しかしながら透光性はまだまだ不十分で、より透光性の高い製品供給が期待されていた。この度クラレノリタケデンタル㈱から新しく発表されたカタナジルコニアUTML/STML(図1)は高い透光性を有し、フルジルコニアでの審美的臨床応用が可能になった。さらに高い接着性とシンプルな操作性のパナビアV5を併用することで良好な臨床結果を得ているので紹介する。高透光性カタナ®ジルコニアUTML/STMLが拓く審美的フルジルコニアクラウン-パナビア®V5の優れた接着性とシンプルな操作性-中澤歯科クリニック 中澤 章特別寄稿4層構造エナメル層( 35%)グラデーション層1( 15%)グラデーション層2 (15%)ボディ層( 35%)( )内%はディスクに占める各レイヤーの厚み割合(イメージ図)焼成ディスク割断面クラレノリタケデンタル㈱独自の製法により、色調ギャップの少ない滑らかなグラデーションを有します。KEYWORD 高い透光性/多彩な色調表現が可能/優れた接着性とシンプルな操作性のレジンセメントはじめに図1 カタナジルコニアマルチレイヤードディスク断面❶NO.227