スマートフォン版サイト

DENTAL MAGAZINE デンタルマガジン

アシスタントのためのイメージアップ講座

第24回(131号)
差別化、付加価値の工夫
株式会社ロングアイランド 接遇マナーインストラクター 伊藤 純子

Download (PDF, 153KB)

もかしてくれたことがよりもでした。もちろんきいのしい のにもぴったりと合ったようで料理ももし、しい時間をごすことができました。には値のる料理はたくさんあります。有ブランドでをえている、 !シェフが"#する、 !ホテルに入っている、内&や'()で*+さを,-しているなど、.と/別化を2るためにはさまざまな34が5らされています。6がそのをに入った 7の理由は、味はもちろんですが、スタッフの:;や<な=りです。たとえ値>はくてもまた?ってみたいと@うA値があるでした。.と/別化を2るといえば、6がBCさせていただいているDEスタッフセミナーのタイトルもFじです。選ばれるDEH院になるためにというタイトルでJKLかMNさせていただいています。最Pでは、Q療項TとしてUVやW防をYげるDEH院はCたりZのようになりましたが、さらに[\外^療の_者さんと aの_者さんとの/別化を2るために入りを別にしたり、bcやカーテン、d合eのソファ、fけてあるgにいたるまで、ホテルのようにして、/別化を2っているH院もあるようです。hi地がよい、リラックスできる、といったk間をlmすることも/別化にはn切なことでしょう。しかし、もう つn切なことがあります。どんなにp敵な*+なk間であっても、そこでrわされる:;はどうでしょst:uロングアイランドv遇マナーインストラクターxy z{別化、値の 最Pとてもに入っているイタリアンのがあります。3ヵ|ほどZに}~に連れて?ってもらいn変に入りました。ちょっと値がるなので、めったに?くことはできないのですが、nきなの つです。がに入ったかというと、のや料理の味はもちろんですが、よりオーダーをいてくれる~の-‚えるƒ顔がとてもp敵なのです。さらに:;が失†なく、それでいて‡Zから来ているような‰かさで‚えてくれるのです。メニューはおŠせでコースにしてもらったのですが、まず「‹べられないもの、Œものはありますか」とかれました。それからワインのみもかれ、それぞれにŽえておŠせしました。その(味やについてかれ、率’にŽえていたのですが、-された料理は@ったとおりでn変“”して•りました。とてもに入ったので、それから–3ヵ|して、最P—びそのに を連れて?きました。最˜に™šしてくれた}~も ›であったこともあったせいか、6のことをœえていてくれ、(は にも‹べ物のきいやŸみ物のみについていてくれました。6にももちろんいてくれたのですが( 分ではœえていないのですが)、‡Z来たときとFじリクエストをしたようです。するとワインを持ってくる£、「ZLおに¤されたものとFじワインをお持ちしました」といって¥めてくれたのです。また「お肉はZLが§くて¨されていたので、Lは©なめにさせていただきましょうか」といってボリュームをªえてくれました。味がおいしいのはもちろんのことですが、6はまだ2Lしか来ていないのにZL;したことをœえてくれていて、それをLのオーダーに94うか。せっかくDEH院という無¬­なじを-さないようにと考えても、そこでrわされる:;が¯々としていては°Lも来ようと@えるのでしょうか。そのような場にふさわしい‰かい:;であったり、=りがあって˜めてhi地がよいとじ、²³A値として´わると@うのです。もちろんこの;は 由Q療だから…というわけではありません。[\Q療においてもFµのことが¶えると@います。·;での¸け²け¹や案内の»¹、H院内の¼½、¾備面など、ÁÂ的な面では、最PはどこもÄÅをしているせいか、さほどnきな/はなくなってきています。そんなÆで選ばれるDEH院となるためにはがÇ要なのでしょう。スタッフの違いもnきなポイントといえるのではないでしょうか。_者さんとの:;がスムーズで、ZLrわした:;が 然に-てくる、それぞれの_者さんの性ÌやÍÎに合わせた=りができる…そんなスタッフがいれば、_者さんからも;しかけたいと@い、また?こう、;したい、と@えるのではないでしょうか。6がBCさせていただいているセミナーにϳするスタッフにÐするご要Ñとしても、_者さんとの:;、コミュニケーションをあげるドクターは§くいらっしゃいます。セミナーにϳされるスタッフは"ÒのÓいスタッフ、KÔのÕいスタッフが§いので、_者さんとの:;まではなかなかスムーズにいかないようですが、©しÄÅしてÖり×んでいけば:;もØがっていくはずです。Ç要最Ù限のことは、マニュアルにÛって;してもよいと@うのですが、それにプラスしてそれぞれの_者さんに合わせた:;をÄÅしてrわしてほしいのです。‡Zにrわした:;やになったことをメモしておく、°にそれを;Üとして-してみる、なくrわしていた:;を©しÄÅして、°につなげていこうとすることで、_者さんは、「œえてくれていたんだ!」ときっとうれしく@えるはずです。そのような:;があることで、°Lも頑って来ようと@えたり、?きやすくなるのではないでしょうか。お天の;をすることももちろんいいことですが、もう ß:;の34とそれぞれの_者さんに合わせた:;をÄÅすることも、選ばれるH院になる つのポイントだと@うのです。 アシスタント95