DENTAL MAGAZINE デンタルマガジン

TRENDS
支台築造用ファイバーポスト・コア「i-TFCシステム」Wセットと 支台築造用ファイバーポスト「i-TFCファイバー」について
サンメディカル株式会社 営業部 長谷川 晶/萬 清隆

■目 次

■1. はじめに

2006年6月、支台築造用ファイバーポスト・コアとして「i-TFCシステム」(In-situ Treatmennt Filling and Core sysytem)を発売した。
この商品は支台築造研究部会(会長:眞坂信夫先生)の理念を具現化したもので、「無髄歯の処置を一連のシステムとして捉え、根管治療から根管充填、支台築造までを一度に行う考え方」から生まれた。したがって、臨床医が支台築造材料に求める要素を取り込んだシステムになっている。
今回「i-TFCシステム」(図1)よりさらにお得なセットとして、「i-TFCシステム」に「i-TFCポスト」、「i-TFCスリーブ」が2個入ったセットとして、「i-TFCシステム」Wセットを2009年1月に発売した(図2)。
「i-TFCシステム」Wセットの商品構成としては、「i-TFCポスト」2個、「i-TFCスリーブ」2個、「ポストレジン」1本、「コアレジンA2」1本、「スーパーボンドセップ」1本から成り、付属品として「ポストレジン」用の「ニードルチップ」が入っている。「コアレジンクリア」は単品のみの販売となる。

  • 図1 「i-TFC システム」セット
    図1 「i-TFC システム」セット
  • 図2 「i-TFC システム」Wセット
    図2 「i-TFC システム」Wセット

■2.「i -TFCシステム」Wセット構成品

① i -TFCポスト図3
支台築造専用のグラスファイバーポストで、グラスファイバーを編み込み、MMA系モノマーを含浸硬化させたFRP(ガラス繊維強化型)ポストである。
ポストの中心にステンレス製ワイヤーを通しているので、再根管治療が容易になる。
サイズはφ1.3mm、長さ45mmの1種類のみであるが、根管の長さに合わせてポストを切断できるように設計されており、適切な長さに調整でき、約3根管に対応できる。

② i -TFCスリーブ図4
「i-TFCポスト」を補強する円筒状のFRPチューブである。サイズはφ2.0mm、長さ10mmの1種類のみで、「i-TFCスリーブ」を併用することにより、様々な根管に適応できる。

③ ポストレジン図5
「i-TFCポスト」、「i-TFCスリーブ」との馴染みが良好な光重合型フロアブルコンポジットレジンである。
適度な流動性で根管内に流れやすく、「i-TFCポスト」、「i-TFCスリーブ」と一体化する。
また、X線造影性を有し、色調は光透過性の良い透明色である。

④ コアレジン図6
コア部作製に用いるペーストタイプの光重合型コンポジットレジンである。
ヘラ離れが良く、付形をしっかり保つ。
また、X線造影性を有し、色調は補綴物に影響を与えないA2と別売単品でクリアを用意している。

⑤ スーパーボンドセップ図7
歯牙等にレジンが付着するのを防ぐために用いる分離材である。
仮封材の分離にも使用でき、使用後は水洗することにより簡単に洗い流すことができる。

  • 図3 i-TFC ポスト
    図3 i-TFC ポスト
  • 図4 i-TFC スリーブ
    図4 i-TFC スリーブ
  • 図5 ポストレジン
    図5 ポストレジン
  • 図6 コアレジン
    図6 コアレジン
  • 図7 スーパーボンドセップ
    図7 スーパーボンドセップ

■3.「i -TFCシステム」の特長

「i-TFCシステム」には、以下の5つの特長がある。
① 様々な根管に対応できる設計図8
② 築造体全体の弾性率を象牙質に近似させた設計図9
③ 歯根破折の防止図10
④ 審美性に優れる図11
⑤ i-TFCポストのワイヤーが再根管治療時のガイドになる図12

  • 図8 様々な根管に対応できる設計
    図8 様々な根管に対応できる設計
  • 図9 築造体全体の弾性率を象牙質に近似させた設計
    図9 築造体全体の弾性率を象牙質に近似させた設計
  • 図10 歯根破折の防止
    図10 歯根破折の防止
  • 図11 審美性に優れる
    図11 審美性に優れる
  • 図12 i-TFCポストのワイヤーが再根管治療時のガイドになる
    図12 i-TFCポストのワイヤーが再根管治療時のガイドになる

■4.「i -TFCファイバー」について

2009年1月、支台築造用ファイバーポストとして「i-TFCファイバー」を発売した。この商品は、「i-TFCシステム」をご愛顧されている先生方から、細いポストが欲しいとの要望を受けて開発した商品である。
ポストはそれぞれ5本入りで、①φ1.0mm、長さ90mm(ワイヤーなし)、②φ1.1mm、長さ90mm(ワイヤー入り)、③φ1.3mm、長さ90mm(ワイヤー入り)の3種類がある(図13)。
スリーブは3本入りでφ2.0mm、長さ50mm の1種類のみである(図14)。
この商品の特長は、金属アレルギーの患者へも適用できるように、φ1.0mmのポストには金属ワイヤーは入っていない。
一方、「i-TFCシステム」と同様にポスト及びスリーブは、症例に合わせて自由な長さに切り分けて調整できるようになっている。そのため1根当りのコストも「i-TFCシステム」に比べ安くなっているので、割安感がある。また、基本的諸物性も「i-TFCシステム」を継承している。
「i-TFCファイバー」はお得なセットも用意している。このセットには5本入りのポスト:①φ1.1mm、長さ90mm(ワイヤー入り)、②φ1.3mm、長さ90mm(ワイヤー入り)の2種類と3本入りのスリーブ:φ2.0mm、長さ50mm が1種類入っている(図15)。

  • 図13 i-TFC ファイバー ポスト
    図13 i-TFC ファイバー ポスト
  • 図14 i-TFC ファイバー スリーブ
    図14 i-TFC ファイバー スリーブ
  • 図15 i-TFC ファイバー ポスト&スリーブセット
    図15 i-TFC ファイバー ポスト&スリーブセット

■5. まとめ

今回発売した「i-TFCファイバー」と「i-TFCシステム」のレジンを用いることにより、細い根管にも対応できるようになった。また、φ1.0mm、長さ90mm(ワイヤーなし)のポストを用いれば、金属アレルギーの患者へも適用できるようになった。
今後、これらの商品を多くの先生方にご愛顧頂ければ幸いである。