スマートフォン版サイト

DENTAL MAGAZINE デンタルマガジン

Field Report
PMTC後のキレイな状態を維持する セルフケアに適した音波式電動歯ブラシ
長崎県佐世保市 医療法人継心会 山本歯科医院  院長 山本 邦雄/歯科衛生士 山本 ゆかり

長崎県佐世保市 医療法人継心会 山本歯科医院のスタッフ<山本邦雄 院長>
当院では、う蝕や歯周病に対する様々な予防的取り組みを行っていますが、私はまず「患者さん自身が自分のお口の中の状態に気づいてもらう」ことが重要だと考えています。その気づきがないと、いくら私たちが丁寧に指導しても行動にはつながりませんし、質の高い治療を提供しても長期的に良好な予後を得ることは難しくなります。「どうしてう蝕になったのか、せっかく治療しても再発するのはなぜなのか」を患者さんの口腔内の状態と照らし合わせながら一緒に考えていくことで、医院に任せきりにするのではなく、「自分の歯や健康は自分で守る」という意識を持ってもらうようにしています。
そうした取り組みにおいて、歯科衛生士の役割はとても大事です。患者さんとコミュニケーションをとりながら、悪い原因がどこにあるのか、生活状況などを伺っていきます。距離感の取り方は人それぞれで難しいものがありますが、そうしたデリケートな部分もスタッフたちがうまく対応してくれているので助かっています。
「来院する患者さんをすべて予防(メインテナンス)のレールにのせていくこと」を現在の目標にしているのですが、そのためには患者さん自身で行うセルフケアが欠かせません。そこでソニッケアーのような手軽で清掃能力の高い電動歯ブラシが必要になります。当院では歯科衛生士を担当制にしているので、セルフケアグッズを薦めるのは患者さんのことを最も把握している担当歯科衛生士がメインになります。彼女たちがしっかりコミュニケーションを取ってくれることで、患者さんの些細な変化にも気づき、必要なタイミングで最適なツールやアドバイスを提供できていると感じています。
健康長寿を全うするためには、心身の健康を考えることは言うまでもありませんし、私たち歯科医師も口腔だけでなく、全身の状態に注視していく必要性を実感しています。医療は日進月歩、培った知識と技術を惜しまず患者さんに還元するため、日々の自己研鑽に努めていきたいと考えています。

<山本ゆかり 歯科衛生士>
予防を行ううえで大事なことは、患者さんのセルフケアのモチベーションを低下させないための工夫や、全身疾患の把握、歯周組織のささいな変化に気づくことです。その中で口腔内の状況に合わせたセルフケアグッズをお薦めし、お口の健康から全身の健康を守っていくことが私たち歯科衛生士の役目だと考えています。
ソニッケアーは主にチェアサイドでお薦めすることが多いです。定期的にメインテナンスに来てくださる方は、口の中の状態も把握できていますから、例えば、ある患者さんの場合「今日はいつもよりお口の中が汚れてるな。何かあったのかな?」と感じて、お話を伺ったところ、急に体調を崩されて入院し歯磨きがうまくできていなかったことが分かりました。そこで、セルフケアの負担を減らすためソニッケアーをお薦めしたところ大変喜んでいただけました。
さらに、最近感じることなのですが、歯の表面にしっかりステインが付いている方の場合、セルフケアではなかなかキレイには落ちません。ですから、当院でPMTCを行った後に、「このキレイな状態を維持するために、ご自宅でソニッケアーをいかがですか。ブラシにはステイン除去の効果が高い『プレミアムホワイト』や『ホワイトプラス』がお薦めです」とご案内してみようかと思案中です。さらにPMTCの仕上げに行う歯ぐきのケアに『プレミアムガムケア』や『センシティブ』などのやわらかいブラシを使って弱モードでマッサージすると、ソニッケアーの微振動が心地良いので、それも試してみたいですね。歯ぐきをマッサージすることで、唾液量が多くなる効果もあるので高齢の方にもお薦めです。
ソニッケアーの場合、動かし方というより“ブラシの当て方”がとても大事だと思いますので、初めて使っていただく際には最初に必ず当て方の指導を行うようにしています。
“お口の健康が全身管理にもつながる”と今盛んに言われていますが、患者さんと接する機会の多い歯科衛生士の役割は、今後ますます重要になってくると感じています。そのことを常に忘れず、日々患者さんと向き合っていきたいと思っています。

  • 下顎舌側部分にステインが付着した写真
    症例1-1 下顎舌側部分にステインが付着。
  • 『エアフローハンディ 3.0 Plus』にてステイン除去する写真
    症例1−2 『エアフローハンディ 3.0 Plus』にてステイン除去、その後PMTCを行う。
  • ブラッシングを行う写真
    症例1−3 本来の自然な白さを保つため、ブラシは『プレミアムホワイト』、歯磨材は『ブリリアントモア』(ライオン歯科材)を併用。
  • 初診時の写真
    症例2-1 初診時。1 1の歯石付着が気になるとの主訴で来院。
  • ブラシの当て方を指導の写真
    症例2−2 審美的な関心も高いため、ブラシは『ホワイトプラス』を選択し、歯間部に毛先が入り込むようブラシの当て方を指導。
  • ブラシの先端を使って、縦方向に当てて歯列にフィットさせる写真
    症例2−3 3の叢生部分もブラシの先端を使って、縦方向に当てて歯列にフィットさせる。
  • 治療中の写真
    症例3−1 7を治療中。たとえ1歯だけの治療であっても、口腔内の細菌数は治療の予後に関わる。治療前のプロービングデプスは5mm。
  • 患歯へのアプローチを行う写真
    症例3-2 患歯へのアプローチ。コンパクトな『ホワイトプラス』ブラシをタフトブラシのように使用。
  • 側根分岐部のプロービングデプスは3mmまで回復した写真
    症例3-3 7頰側根分岐部のプロービングデプスは3mmまで回復。ソニッケアーはブラシのバリエーションが豊富で、口腔内の状況に応じてブラシを選択し処方できるのがメリット。
  • 状況に応じたブラシ選択例①の写真
    症例3-4 状況に応じたブラシ選択例①。ヘッドが大きめで広い範囲を効果的に磨ける『プレミアムクリーン』は全体的なブラッシングに使用。
  • 状況に応じたブラシ選択例②の写真
    症例3-5 状況に応じたブラシ選択例②。歯肉が腫れていたり知覚過敏の症状がある場合には『センシティブ』ブラシを使用。
  • 状況に応じたブラシ選択例③の写真
    症例3-6 状況に応じたブラシ選択例③。メインテナンス時や歯周治療後に、歯肉のケアを行う際には『プレミアムガムケア』ブラシを使用。

デンタルマガジン 170号 AUTUMN